19時からのスロリーマン予備校

3000枚規制の概要がついにベールを脱ぐ!

ARTに『設定差を設けてはいけない』『完全抽選でなければいけない(天井廃止)』と新たな自主規制が追加されたのは、前回の記事にて報告させていただいた通りです。

それに加え、前々から自主規制としてあがっていた『3000枚規制』の概要が発表されました。

3000枚規制の概要
3000枚規制

3000枚を超えたら初当たりの状態までリセット

情報元:スロマガ





現時点で分かる範囲で解釈しますと…

1回のARTで出玉3000枚に達した時点で、残りゲーム数が1000Gあろうがバッサリカット!そして初期状態からARTをやり直しとなります。

継続率タイプのARTはどうなる?
一旦通常に落ちるタイプの潜伏型ARTはどうなる?

ここらへんについての細かい解釈は発表されていませんが…まぁーダメでしょう。笑

3000枚規制は、メーカー団体とホール団体が「これ以上、射幸心を煽らないから許してくれ」とお上(警察)に対して行った…自主規制です。
自ら規制をかけたのに「一旦通常に落としたから3000枚規制に該当しませーん」は通用しないでしょう。

もちろん自主規制なので撤廃される可能性は皆無。万枚達成率もものすごく低くなるでしょう。

今後のパチスロ予想

今後のパチスロ台について私の予想を書かせて頂きます。予想を読んでいただく前に念頭に置いて頂きたいのが、今後「ARTのみ」のタイプは出せなくなり、全て「A+ART」になるということです。

なくなるARTタイプは?

今後登場するA+ARTタイプのパチスロはゲーム数上乗せ型や差枚数上乗せ型は一切登場しなくなるでしょう。理由としてはバッサリカットされる仕様となるため、ユーザーの怒りを買い、パチスロ離れを加速させてしまうからです。上乗せゲーム数のコントロールもできないため(コントロールするとヤラセ感が強くでてしまう)、規制に到達してしまうユーザーが多発してしまうのもよくありません。

ゲーム数上乗せ型でもユーザーのヘイトを高めない方法はあるにはあります。ARTの上乗せを次回のARTに回すタイプにしてしまえばいいんです。
例えば初期ゲーム数50Gで+100G乗せました。最初にできるARTは初期ゲーム数の50Gのみで、上乗せ分は次回ART当選時に持ち越す。これなら完全抽選であるという点もクリアしているので問題ありません。
問題点は次にARTに当選させる必要があるということ。こんな仕様では流行るワケがありません。笑

主流となるARTタイプは?

私が主流になると予想するARTは、「シナリオ型」「STタイプ」の二つです。

シナリオ型は『モンキーターン』『戦国コレクション』が有名な台ですね。シナリオ型の利点はなんといっても一撃性が弱いというところです。現行機の戦国コレクション2でさえ、1回のARTで3000枚を出すのは至難の業です。
それに加えてシナリオコントロールをしやすいところも3000枚規制に適しています。完走後は「超天国を経由し、必ず最悪テーブルが選択される。」、夢も希望もありませんがこんなこともできてしまいます。

ST型は『鉄拳3rd』『慶次修羅』がありますが…私的に主流になりやすいタイプは『アラジンのスーパーアラチャン』です。継続率を上げすぎると3000枚の強制終了が発生してしまうため、ユーザーの怒りを買いやすくなるでしょうが、継続率をMAXで85%くらいにしておけば、ボーナスが絡んでもそうそう3000枚には達しないでしょう。自力間も強く、ゲーム性としても面白いと思います。

最後に

3000枚規制は夜稼働のサラリーマンの味方だと思っていた時期が私にもありました。実際この規制だけであれば取りこぼしの危険が減るため、ホールの夜の稼働率も今よりも上がっていたでしょう。

これも今となってはどーでもいい話です。
天井ARTが廃止されることが濃厚な現段階では、何も意味をなさない議論です。

自主規制なので緩和されることはありません。
抜け道を見つけても警察を怒らせて6号機へのカウントダウンを早めるだけです。

警察を怒らせずに天井もしくは天井に似通った何かをメーカーは作ることができるのか…パチスロの未来は一番託したくないメーカー共に委ねられました。

天井ARTが廃止!?パチスロ新規制でハイエナはどうなるのか…?
絆、GOD、まどか(パチスロ高射幸性機)が打てなくなる日


 - スロ時事ネタ