19時からのスロリーマン予備校

まさか朝一28Gでバジ絆の設定4・5・6が確定するとは思いませんでしたねぇ…

嫌いなもの、苦手なもの…そんなものは誰にだってある。

私が嫌いなパチスロ現行機 第3位が…

バジリスク絆である。


導入された2014年から最近の花の慶次が登場するまで、頑なに嫌いな機種ランキング2位をキープしつづけたバジリスク絆。


一時期撤去され始めた時はどれだけ安堵したことか…
そして再導入ラッシュがはじまったときにどれだけ恐怖したことか…


2017年くらいまではバジリスク絆がパチスロを牽引していくのは確定だ。



大人になったらウニだって食べれられるようになったじゃないか。
むしろうまいとさえ思えるようになれたじゃないか。
鈴木奈々だってイラつかずに見てられるようになったじゃないか。



この一日で評価は一点するかもしれない…


朝から全ツッパだっ!!


↓当予備校作成のオススメツール↓

バジリスク絆 テーブルN看破ツール
バジリスク絆 テーブル推測ツールへ



プロローグ

マイホの月一イベントが久しぶりに休日と重なったので、奥さんの許可を貰って朝から突撃することにしました。
なーんも気にせず趣味打ちするならば、『マジハロ5』一択なのですが、いうて月1イベントなんでね…。さすがに設定1のマジハロ5にはいけない。


結構ユニバ押しのホールでして、以前にHANABIの高設定濃厚台(1日でBIGハズレ2回)を掴んだこともあったり。

そんなことも踏まえて、今までハイエナしかしてこなかった『バジリスク絆』を初めて朝一から打ってみようと思ったわけです。


弦之介残り6回ベル降臨

前日のハイエナ終わりに少し下見してたのですが、狙い台は取れず、狙い台の隣に座るか、隣の隣に座るかの2択で悩みました。結局隣の隣にしました。

台をキープし、レバーをぶっ叩く前に必ずする私のルーティーンが…コーヒーを買うこととウ○コをすること。




いやぁーウ○コして台に帰ってきたらおったまげましたよ




迷った隣の台が弦之介BC残り6回でベル撃破してるんですもの。笑
そしてウザガキ同志がハイタッチしてるんですもの。


間違っても隣同士で高設定を入れてくることはない。つまり私の台は1Gも回すことなく死んだわけだ。
絆は満席で移動不可。

決死隊の如き覚悟を持ってきた私はもう絆以外見えない。死んだ絆を打ちましょう…。

奇跡

いやぁーなんでウザガキって

大量上乗せしたり、高設定確定したりするとレバーやボタンをガチャガチャ連打するんでしょうかね。笑

これから長丁場になるのにわざわざ疲れることをするあたりが非合理的。

えっ!?
私の台?

初BTがBC7回目でしたよ\(^o^)/




11:30…










ウザガキ800枚浮き程度で絆の設定4・5・6を捨てる!!










これがあるんだよ!田舎は!

この時点で投資は1000枚、持ちメダル100枚程度。

大事なことを忘れてた

確保して大事なことを思い出しました。


ウ○コしてたから、残り6ベル撃破する前に「瞳術図柄外し」「レア小役当選」があったか見てなくね!?


まぁー設定4・5・6(?)でも十分だ。
前任者は最初以降弦之介を選ばなかったし、最大BCスルーが3スルー(4回目でBT当選)だったし。

実践結果

ざっくり実践報告しますと…


・低確、高確での謎当たり(同色)なし
・その後の弦之介示唆なし
・BT初当たり7回(最大BCスルー1回)
・BT2回は66%継続以上濃厚(7連BC1回、16連BC3回)


稼働時間 9:00~16:05
投資 1300枚
回収 4906枚
差枚 3606枚
(64,393円)



BTが軽い軽い!BCが重い重い↓↓
初当たり7回中5回が1発目のBCでBT当選させるという凄まじさ。残り2回も2回目のBCで当たるという凄まじさ。


こんなん設定6だろ!


まぁー実際は挙動がいい4なんでしょうね。笑


こんな素晴らしい台をツモれた時に限って…17時から子守をする約束になってるのはなぜなのでしょうか?

最後のBTが16連(2004枚)と今年最大の1撃をかましたところで即ヤメ。
本当は1回だけ朧チェックしたかったんですけど…半月でても追う時間はなかったのでヤメました。

総括

BC間でハマると未だにイライラするが、いい挙動の絆はおもしろいということがわかったので…嫌いな現行機ランキングから無事離脱です。

嫌いな現行機ランキング(4/17付)
順位 機種
第1位 花の慶次3
戦極めし傾奇者の宴
第2位 リング呪いの7日間
第3位 NEWルパン三世 ロイヤルロード


バジリスク絆 天井狙いまとめへ
テーブル完全解析(推測ツール付)へ
テーブルN看破ツールへ

 - 稼働報告