19時からのスロリーマン予備校

【パチスロ】年収支マイナスなのにハイエナを辞めなかった鬼メンタル

久しぶりの講義となります。講義テーマは『ハイエナを辞めなかった鬼メンタル』になります。
養分からの脱却を考え、必死に勉強し、必死にハイエナに取り組んだ1年間。そんな私に待っていたのは年間収支マイナスという現実でした。
なぜ私はハイエナを挫折せずにいられたのでしょうか?
それでは講義のポイントを確認してください。

ポイント

・立ち回りの反省
・養分時代と現状の比較
・全て引き弱のせいにする
・最終的には何とかなる!





立ち回りの反省

期待値が積める台を相当台数こなしているのに結果がついてこない!
このような経験はハイエナをされている方なら一度くらいはあると思います。
そのようなときは一度立ち回りを見直してください。
立ち回りのミスや妥協はなかったか?何かしら必ず反省点が見つかると思います。以下は私の反省点になります。

私の反省点1

私は月に1回か2回趣味打ちをしていました。そこで損失した金額が大きかったため、年収支がマイナスとなってしまいました。


私の反省点2

年収支がマイナスとなった原因のもう一つがブログで推奨されているボーダーを鵜呑みにしすぎていたというものがあります。

例えば『鉄拳3rd』のキング判別後の台です。どのブログをみてもキング判別後でも期待値は1500円近くあると書かれており、当時の私はそれを鵜呑みにし、「今は欠損しているだけ…」とひたすら打ち続けました。その結果は散々たるものでした…。

期待値が本当に1500円あるのかはメーカーの人しかわかりませんが、今思えば打つべき台ではなかったというのは強く感じます。

よーく考えてください!
キング判別にて捨てられた台のほとんどは500Gのゾーンをスルーし、天井777Gまでまっしぐらです。私の体感ですが、キング判別後の台は6割方最深部まで連れて行かれます。
要するに6割で700枚以上の投資を強いられるわけです。
初当たり期待枚数が他の台より優れているとはいえ…勝つために打つゲーム数ではないことは明白です。


当時の私はブログ情報を鵜呑みにし、自分で考えるということを放棄していたのです。

養分時代と現状の比較

私の2014年の年間収支はこちらになります。
2014


約12万円のマイナス!

ハイエナに徹した初年度の結果がコレだったため落ち込みましたが…ポジティブに考えてみました。
収支を付けていなかったのですが、私の2013年の収支はおおよそ-50万円!!

大進歩ではないかっ!

月にすれば-1万円。おこづかいの範囲で遊べてるではないかと。

年収支をプラスにするという目標を達成することはできなかったが、おこづかいの範囲で遊ぶという最低目標は達成できたではないかとポジティブに考えることで、ハイエナをやめないという選択が私はできました。
例え結果がついてこなかったとしても、以前(養分時代)の自分とは何かが変わっているはずです。そこをポジティブに捉えることがとても大事です。

全て引き弱のせいにする

ハイエナに徹し…負けた。
全て引き弱のせいにしてしまいましょう。

打つべきゲーム数を守り、ヤメ時もきっちり守った…それでも負けたのなら、それは全て引きのせいじゃないですか!
努力によって改善できない部分が原因で負けたのであれば、それはもう諦めるしかありません。


開き直って、引き弱のせいにしてしまえばモチベーションの低下も防ぐことができます。どんな引き弱にもいつか必ずチャンスが来ます。それまでに心が折られないことが一番大切だと私は思います。

最終的には何とかなる!

こちらが2015年の収支と2014年の収支になります。

2014

引き弱で欠損し続けた分が、翌年にほとんど戻ってきました。これをグラフ化してみると…

2014

最終的には積んだ期待値通りになっていることが分かるかと思います。
ちなみに私は積んだ期待値をメモに残さないタイプなので、1日あたりの期待値を1500円とし、それを20日行うので一月の平均収支は+3万円として計算しています。

明けない夜がないように、欠損し続ける期待値稼働なんてあり得ないんです!!

最終的には積んだ期待値に近似してくると信じ、欠損や引き弱を気にせずに稼働を続けることがとても大切です。

最後に

私は上記のことを考え、実行し、年収支マイナスという現実と向き合い…そしてプラスに転じさせてみました。
一番大切なことは『やめたら今までやってきたことが全て無駄になる』ということです。稼働をしていてメンタルが壊れそうになった時は、必ず上記のことを考え、養分稼働に戻らないようにしてください。

あと当ブログで推奨しているボーダーは私の実践経験や解析データを考察して決定した、サラリーマンでも勝てるボーダーとなっています。そのため他のブログよりはボーダーが高めとなっています。
間違っても『ゴッドイーター』のボーダーを400Gとか言ってるブログや、『花の慶次〜戦極めし傾奇者の宴〜』のボーダーを無条件550Gとか言ってるブログは参考にしないことをオススメします。
そういうブログは考えることを放棄し、大御所パチスロ情報サイトに右に習えしただけのブログだからです。

 - 講義