19時からのスロリーマン予備校

夫婦円満の秘訣は2つだけ!誰でもできる夫婦円満の方法

前に「『家族の期待値も積みましょう♪』とかいってるブログがあるけどさ…」という記事を書かせて頂きました。
まぁー言ってしまえば家族がいるのにパチスロをしてる奴なんてのはクズなんですよ。(勝ち負け問わず)

パチスロをしてる私も親として、夫としてはクズなんです。
だけど夫婦仲はけっこう良好だと個人的に感じています。今日は私自身が実行している夫婦円満の秘訣をお伝えしたいと思います。



秘訣1:感謝の言葉を口に出す

共働きの夫婦なら5:5
奥さんがパートなら6:4
奥さんが専業主婦なら8:2といったところでしょうか。

今あげた割合は私が考える夫婦間での家事・育児負担割合になります。
今の時代は奥さんが専業主婦であっても、男も家事や育児を手伝わなきゃいけない時代です。

私の奥さんは正社員で働いてるので理想は5:5の割合になります。実際は6:4ないし7:3くらいでしょうか。同じ正社員という立場なのに奥さんのほうが家事や育児をしているのは事実です。
そしてほとんどの男性陣は私があげた理想の割合に到達出来ていないと思います。
つまりほとんどの家庭は奥さんの頑張りありきの家庭生活なのです。

男ならではの職場のプレッシャーやらなんやら、いいわけしたいことが沢山あろうかと思いますが、グッ!っと飲み込んで、言い訳する前に奥さんに言ってごらんなさいよ。


「洗濯してくれたんだ!ありがとう」

「弁当うまかったぞ!ありがとう」



この一言があるかないかで奥さんは救われるのです。
ぶっちゃけた話、感謝の気持ちなんかなくてもいいんです!!口にだして感謝してることを相手に伝えることができたのならそれでいいのです!


実際、私は奥さんがやってくれた家事を見つけるたびに「ありがとう」と伝えるようにしています。ほぼ毎日伝えるので感謝の気持ちを伝える行為に恥ずかしさというものは一切なく、むしろ機械的に言ってしまっている節すらある。

でも私は思うのです。
女性は感謝してほしいわけではなく、家事をやっていることをわかってほしい、気づいてほしいのではないかと。

だから恥ずかしがらずに言ってあげなさいよ。君の頑張りにちゃんと気付いているよってね。

秘訣2:適度なスキンシップ

付き合い始めは烈火の如くしていた性生活も、結婚生活が長くなるにつれてセックスレスへとなっていく夫婦が多いと思います。
セックスレスになるとスキンシップが減り、自然と会話も減っていくのではないかと考えています。

そんなセックスレスな夫婦でもできるオススメお手軽スキンシップがあります。


お互いの耳掃除


耳掃除って気持ちいいですよね。特に人にしてもらうのが気持ちいい。
この最強のスキンシップをお互いに週1ないし週2でやれば夫婦仲もバッチリです。

切り出し方も簡単なのがいいところです。
「耳かゆいんだけど自分だと治らんから見てくれない?」
こんな一言で大抵の奥さんは膝枕をしてくれてやってくれるでしょう♪そして自分の番が終わったら
「ありがとう。お前のもみてやろうか?」

ねっ!!簡単にスキンシップできたでしょ?
あとはそれを定期的に行い、習慣化するだけです。

最後に

「感謝の言葉」「スキンシップ」どちらも夫婦生活には必要なものです。
だけど忘れてはいけません。

家事や育児もしっかり手伝いましょう!

ということをね。
ある程度は行動が伴わないと感謝の言葉は相手の感情を逆なでする可能性があります。そうなった場合、夫婦円満とは逆の効果となっていまいますのでご注意ください。

 - 講義-番外編