19時からのスロリーマン予備校

【パチスロ】閉店2時間前の天井狙いについて

今日の講義テーマは『閉店2時間前の天井狙い』になります。
帰った方がいいのはわかってるけど打ち足りない…そんな経験ございませんか?それでは講義のポイントを確認してください。

ポイント

1.閉店取り切れずを覚悟する
2.ボーダーを2段階上げる
3.退くこともまた勇気





1.閉店取り切れずを覚悟する

閉店2時間前の天井狙いに常について回るのが閉店による取りこぼし。閉店による取りこぼしはものすごくメンタルに響き、人によっては1週間もしくは1カ月と引きずってしまう可能性があります。メンタルが不安定だと立ち回りがブレたり、ボーダー厳守ができなくなったり、最悪趣味打ちをしてしまうということが懸念されます。よって閉店2時間前に天井狙いをする場合は取りこぼすことを前提として打ち始めてください。
そして閉店終了を迎えてしまったときは「閉店ギリギリまで絞りとってやったぜ」とポジティブな考えに切り替えましょう。

ちなみに2015年の講師の取りこぼし一覧(泣)
・アレジン ストック11個残し(約2000枚以上)
・ハーデス 360G+50%ループストック抽選3回分(最低1000枚)
・北斗F 89%継続ART

2.ボーダーを2段階上げる

閉店2時間前に取りこぼし前提で攻めるのに、いつもと同じボーダーではいけません。他のブロガー様が算出した期待値は時間に余裕がある前提で計算されています。つまり閉店2時間前となると期待値は大幅に下がっているのです。
閉店2時間前に攻める場合はいつものボーダーを2段階あげて打てる台を探す必要があるわけです。2段階と言うのは台によって異なりますし、また何円以上の期待値からというわけでもありません。台の特性を踏まえた上で体感で2段階あげるしかないのです。私なりの2段階を例にしてみます。


例1)押忍!サラリーマン番長
天井狙い(等価):700G~
天井狙い(閉店2h前):770G~

例2)アナザーゴッドハーデス
天井狙い(等価):GG後900G~
天井狙い(閉店2h前):GG後1200G~


サラリーマン番長は通常のボーダーと2h前ボーダーで70Gしか変わりませんが、ハーデスは300Gも変わっています。番長は800Gにゾーンがあることと消化時間が短めということで2段階あげても70G足らずで十分だと判断しています。しかしハーデスは消化時間が長いため2段階あげてしまうと300Gも厳しく攻めないといけないと私は考えます。

私の攻め方が甘いと考える方もいれば、厳しすぎると考える方もいるでしょう。2段階上げは経験則でしか身に付かないため、個人により考え方に開きが出ても仕方がない部分だと私は考えます。
当予備校の機種解析では私なりの閉店2時間前のボーダーを載せてあります。自分の2段階上げボーダーが不安な方は是非ご活用ください。


3.退くこともまた勇気

帰るという選択肢を選ぶことは決して逃げではありません。帰れば閉店で取りこぼすこともありませんし、早めに休んで明日の英気を養うこともできます。
むしろ私は閉店2時間前は帰るという選択肢をオススメします。

 - 講義