19時からのスロリーマン予備校

【パチスロ】チビエナが待機してた件について

アシメで前髪をピン止め。
期待値がある台を見つけては、椅子に浅めに腰をかけドヤ顔で回す。
通路をでればスマホを片手に肩で風を切りながら徘徊。
すれ違おうとも自分から退くことはしない。
ハーデスで天井前ケルベロスを食らいペナやめ。
そんなマイホにいるチビエナが生理的に受け付けません。


チビエナはうまいのかというと実はそうでもない。徘徊はホールを2周程度で、それでも打つ台がない時はジャグを打ったり、パチンコを打ったり、超青田刈りをしたり、大好きであろうバジ2を趣味打ちする。待機が出来ないハイエナなので、生理的に受け付けないだけで私の稼働に害はあまりない。


しかし今週の火曜日に目に入ってきた光景は我が目を疑った。チビエナには謎の弟子みたいなデブ(5スロプレイヤー)がいるのだが、デブに謎のアドバイスをしホールを一周。打つ台がなく何をするのかと思ったら‥私の御用達イエローシートに腰をかけ、スマホをいじりながら待機をしているではないか!





はじめてクララが自分の足でたった時のような…
息子の部屋からエロ本が出てきた時のような…
娘が東京で一人暮らしをすると言ってきた時のような…


チビエナの成長に、感動、衝撃、悲しみといった混沌とした感情が湧きました。
チビエナはビミョエナからガチエナに進化してしまった…新たなライバルの誕生である。ハイエナ稼働する身としては非常にありがたくない出来事であった。



翌々日の木曜日。
打てる台がなく、マイホの御用達シートに腰をかけるとそこには衝撃の光景が広がっていた!!


クソ釘であろうパチンコのルパンを打っているチビエナの姿が…。


私が抱いた様々な感情を返せと怒りがこみ上げて来ましたが、マイホはまだまだ安心だという事実に今回は許してあげました。

 - 雑談