怒リーマー×怒リーマン

真冬のディズニーでオススメの防寒グッズ5選!寒さ対策は必須

ディズニークリスマス

クリスマスシーズンや年末年始の東京ディズニーリゾートは極寒となっており、防寒グッズを用意して臨まなければパークをまったく楽しめずに震えて終わってしまう可能性もあります。


この記事では真冬のディズニーを楽しむための防寒グッズをご紹介します。


▼INDEX(タップでジャンプ)
真冬のディズニーは海風が寒い!
寒空でも快適にスマホを操作(手袋)
足用ホッカイロで末端も温めよう
オシャレに防寒(イヤーマフラー)
無限に利用できるホッカイロ
USB電気ブランケット
最後に


真冬のディズニーは海風が寒い!
▲INDEX
寒い

東京ディズニーランド、ディズニーシーは海に隣接しているため、『海風』が常に吹いています。
真冬の海風はとても冷たいため、天気予報の気温よりも体感温度は遥かに低くなります。


天気予報の気温が10℃に近かったとしても、海風による体感温度は東北よりも寒いという経験が何度もあります。(筆者は東北在住)


個人的な意見になりますが「寒い」は「暑い」よりも行動力が落ち、「一刻も早くパークから出たい!暖かいところに行きたい」という気持ちに狩られます。
故に真冬のパークを十二分に楽しむために『防寒グッズ』は必須と言えます。



寒空でも快適にスマホを操作(手袋)
▲INDEX
スマホ用手袋

どんなに寒くても必ず操作する必要があるのが「スマートフォン」です。ゲームをやらない方も調べものやLINEなどでパーク滞在中も必ず複数回触るタイミングがあるはずです。


真冬のパークでは手袋は必須アイテムですが、通常の手袋だと手袋を外さないとスマートフォンを操作できません。
そんな手間と寒さを回避できるのが『スマホ用手袋』です。




足用ホッカイロで末端も温めよう
▲INDEX
くつ下用ホッカイロ

スニーカーでもブーツでも、真冬のパークでは足先が冷たくなります。足先が寒いというよりは、足先が痛いという感覚に襲われるはずです。


最善の防御策は「足用のホッカイロ」を靴下の裏から貼ることです。


筆者の体験談としては、足用ホッカイロを貼っていて寒くない(暖かくはない)という感覚です。足用ホッカイロを貼ることによってプラスマイナスゼロになるというわけです。
真冬のパークに遊びに行く場合は必ず持っていくことを(替え用と予備も)オススメします。




オシャレに防寒(イヤーマフラー)
▲INDEX
イヤーマフラー

寒空の下では体の先端という先端が全て冷たくなります。耳もその例外ではありません。
ニット帽を被れば耳も傍観することができますが…「ばっちり決めた髪型でディズニーに遊びに行きたい!」という方もいるはずです。


ニット帽は被りたくないけど、耳は防寒したいという方にオススメなのが『イヤーマフラー』です。
オシャレなデザインのものも沢山あるので、探してみると自分の髪型にフィットするものがきっとみつかるはずです。




無限に利用できるホッカイロ
▲INDEX
e-Kairo

寒い日にあると便利なのが…昔ながらのホッカイロです。頬などの寒空に露出している部分に当てたりすると安らぎます。


使い捨てがホッカイロのイメージですが、最新は『USB充電式カイロ』となっており何度でも利用できます。
USBで充電できるため、USBポータブル充電器を合わせて持っておけばパーク滞在中も何度でも利用できます。


ディズニー以外の場面でも非常に重宝するのでオススメのアイテムです。




USB電気ブランケット
▲INDEX
USB電気ブランケット

寒いときの定番「ブランケット(毛布)」ですが、ディズニーではパレードやショーを鑑賞する方のみ必須アイテムと言えます。
屋外で待機する予定がない方は荷物になるのでもっていかない方がよいでしょう。


通常のブランケットよりもオススメなのが「USB電気ブランケット」です。USBポータブル充電器さえあれば、どこでも暖かいブランケットに包まることができます。




最後に
▲INDEX

真冬のディズニーリゾートを快適にする防寒グッズ5選はいかがだったでしょうか。


季節問わずに実用的なのが、やはりモバイルバッテリー(USBポータブル充電器)です。冬だけでなく通年大活躍し、またディズニーだけでなく色んなシーンで役に立つので現代ではマストツールとなっています。



◆暑さ対策グッズに関する情報はコチラから◆



◆ディズニーリゾートに関する情報はコチラから◆





    
     ----------sponsored link----------     

ad-PC

  
↓↓ハピタスでお小遣い稼ぎしてますか?↓↓

 - ディズニー, 東京