怒リーマー×怒リーマン

リングフィットアドベンチャーに慣れたら負荷を高めよう!

リングフィットアドベンチャー

リングフィットアドベンチャーに慣れてくると、「筋肉痛が来なくなった」「筋肉に聞いてるか怪しい」といった感覚に陥る人もいるかと思います。この記事では体力の強化と共に負荷を高めるオススメグッズを紹介します。


リングフィットアドベンチャー(以下RFAと略す)のトレーニング強度を高め、理想のボディーに近づきましょう♪


▼INDEX(タップでジャンプ)
RFAは自重トレーニング
負荷を高めるなら『アンクルウェイト(リスト)』
『ウェイト』で強化されるトレーニング一覧
最後に


RFAは自重トレーニング
▲INDEX
リングフィットアドベンチャー2

RFAのトレーニングは基本は自重によるトレーニングになります。専用コントローラーは持ちますが、負荷といえる重さはありません。


体力が強化されていないトレーニング初期は自重によるトレーニングでも十分な達成感と疲労度があるはずですが、トレーニングに慣れてくると余裕を残してトレーニング終了となるはずです。
適度に体を動かすことができればいいという人はそれでも問題ありませんが、筋肉を成長させたいという人は少し体を追い込んであげる必要があります。


RFAで体を追い込む方法は二通りあります。



1つ目は「RFAのプレイ時間を増やす(トレーニング量を増やす)」方法
2つ目は「ウェイト(重し)をつけて負荷を強くする」方法


個人的にはトレーニング量を増やすというのは精神的にきついものがあるので、ウェイトを付けて負荷をあげるトレーニングをオススメしています。



負荷を高めるなら『アンクルウェイト(リスト)』
▲INDEX
リストウェイト

負荷を高めるトレーニンググッズは「ダンベル」「バーベル」「チューブ」と色々ありますが…RFAプレイ時にオススメなのは足首に巻くことができる「アンクルウェイト」、手首に巻くことができる「リストウェイト」になります。
二つのウェイトを合体させることで腰に巻くことができるタイプもあります。


手足首、手首、腰の三か所にウェイトを巻いて、あとはいつも通りにRFAをプレイするだけでいつもよりハードなトレーニングを実践することができます。


重さは0.5kg~3kg(片方)と色々ありますが、最初は片方1kgのウェイトを購入することをオススメします。片方3kgのウェイトは数値の見た目以上に重たく、トレーニングフォームが崩れたり、怪我をするリスクが高まります。




『ウェイト』で強化されるトレーニング一覧
▲INDEX
テレビをみながらトレーニング

ウェイトを手首や足首、腰につけることで多くのトレーニングの強度を高めることができます。
強化できるトレーニングの代表例をあげます。


鍛える部位トレーニングウェイト位置
腕、肩アームプッシュ系手首
腹筋ニートゥーチェスト足首
レッグレイズ足首
プランク
ロシアンツイスト手首
下半身スクワット手首、腰
ヒップリフト


脚のウェイトを付けると下半身の強化にしか役に立たないように思われがちですが、実は足を胸に引き寄せる「ニートゥーチェスト」や足の上げ下げをする腹筋トレーニングである「レッグレイズ」の負荷を強化することができます。
同様のことはリストウェイトにも言えます。


またヨガ系の動きをする場合もウェイトを付けることでバランスがとりづらくなるため、より「体幹」を鍛えることができます。




最後に
▲INDEX

RFAは常にリングコントローラーを持っている必要があるため、ダンベルや水を入れたペットボトルを持ってプレイすることができません。


RFAの負荷を高めてより強度の高いトレーニングをしたいという方は、今回紹介したウェイト(アンクル、リスト)を使用してみてください。
Goodトレーニングの証である『筋肉痛』が久しぶりにやってくるでしょう♪






◆どうせやるなら最高効率で!◆






◆一生続けられるトレーニングを◆


◆プロテイン・サプリ情報はコチラ◆


    
     ----------sponsored link----------     

ad-PC

  
↓↓ハピタスでお小遣い稼ぎしてますか?↓↓

 - トレーニング&栄養, 雑記