怒リーマー×怒リーマン

ディズニーを赤ちゃん、幼児連れでも満喫する『4つの楽しみ方』

ディズニー赤ちゃん



赤ちゃんや幼児を連れてのディズニーは乗れるアトラクションも少なく楽しめないのでは…?



ディズニーリゾートはベイビー連れでも非常に楽しめます♪
この記事では赤ちゃん(0歳児)と一緒に楽しむディズニーの楽しみ方を4つお伝えします。また持っていくと便利なアイテムもご紹介します。


▼INDEX(タップでジャンプ)
赤ちゃんと一緒に乗れるアトラクション
パレードはファミリーエリアで♪
キャラクターグリーティング
散歩&記念撮影
【必須】ベビーセンターの場所
便利アイテム「液体ミルク」
最後に


赤ちゃんと一緒に乗れるアトラクション
▲INDEX
ディズニーアトラクション

ディズニーリゾートのアトラクションは「身長制限」「一人で座れる」「制限なし(抱っこ可)」の3種類に分類できます。
赤ちゃんや幼児(一人で座れない)と一緒に乗ることができるアトラクションは「制限なし(抱っこ可)」に限られます。

制限なし(抱っこ可)のアトラクション
エリアアトラクション名FP
ワールドバザールオムニバス
アドベンチャーランドジャングルクルーズ
ウエスタンリバー鉄道
スイスファミリーツリーハウス
魅惑のチキルーム
ウエスタンランドカントリーベア・シアター
蒸気船マークトウェイン号
トムソーヤ島
ファンタジーランドシンデレラのフェアリーテイル・ホール
ミッキーのフィルハーマジック
ホーンテッド・マンション
イッツ・ア・スモールワールド
アリスのティーパーティー
トゥーンタウンミニーの家
チップとデールのツリーハウス
ドナルドのボート
グーフィーのペイント&プレイハウス
トゥーンパーク
トゥモローランドバズ・ライトイヤーのアストロブラスター
スティッチ・エンカウンター

※ FP(ファストパス)対応

上記が赤ちゃんを抱っこしながらでも楽しむことができるアトラクションになります。人気アトラクション「プーさんのハニーハント」「モンスターズ・インク“ライド&ゴーシーク!」は、乗車条件が「一人で座れること(支えなしで座れること)」となっています。
お子様が大きくなってから楽しみましょう♪



公式アプリで赤ちゃんと乗れるアトラクションを探す

ディズニー公式アプリを上手に利用すると、赤ちゃんと一緒に楽しむことができるアトラクションが一目でわかります。ディズニー公式アプリを利用するにはユーザー登録が必要なので、必ず来園前にアプリを使える状態にしておきましょう。



1.ディズニー公式アプリを起動し、下記図の赤枠部分をタップする。

ディズニー赤ちゃんと一緒




2.検索条件が表示されるので、「特徴」の『赤ちゃんと一緒』を選択して、OKをタップする。

ディズニー赤ちゃんと一緒




3.アプリ上に表示されるアトラクションは「赤ちゃんと一緒に乗れるアトラクション」のみが表示される。

ディズニー赤ちゃんと一緒




◆ディズニー公式アプリの詳しい使い方◆



パレードはファミリーエリアで♪
▲INDEX
ディズニーパレード

パレード、ショーの鑑賞時はベビーカーを畳まなくてはいけません。また座って鑑賞することがルールとなっています。
小さいお子様や赤ちゃんを連れてだと、上記のルールやマナーを守るのは非常に大変です。


実はディズニーのパレードやショーには『ファミリーエリア(キッズエリア)』が用意されています。こちらのエリアではベビーカーを畳まずにパレードを鑑賞することができますし、ショーの最中に立ち上がっても問題ありません。


『ファミリーエリア(キッズエリア)』の注意点は下記になります。



・当日にならないとエリアが分からない(キャストさんに尋ねてください)
・エリア解放はパレードやショーの1時間前から(場所がなくなり次第終了)
・小学6年生以下のお子様をお連れの方のみ利用可能

ファミリーエリア(キッズエリア)を利用して、赤ちゃんやお子様と一緒にパレードやショーを楽しみましょう♪



◆パレード攻略はコチラから◆




キャラクターグリーティング
▲INDEX
ガイザーガルチ

赤ちゃんでいる時間はあっという間に終わってしまいます。可愛いお子様が赤ちゃんである内にミッキーやミニー達と記念撮影しておくのも楽しみ方の一つです。
ディズニーランドにはキャラクターグリーティング施設が2つ、ディズニーシーには4つあります。


ディズニーランドのグリーティング施設
施設名会えるキャラクター
ミッキーの家とミート・ミッキーミッキーマウス
ウッドチャック・グリーティングトレイルドナルドダック
デイジーダック
ディズニーシーのグリーティング施設
施設名キャラクター
ミッキー&フレンズ・グリーティングトレイルミッキーマウス
ミニーマウス
ドナルド
サルードス・アミーゴス!グリーティングドックダッフィー
ヴィレッジ・グリーティングプレイスシェリーメイ
アリエルのグリーティンググロット「リトル・マーメイド」のアリエル




散歩&記念撮影
▲INDEX
ディズニー雨

ディズニーリゾートのパーク内は歩いているだけでも非常に気分が高揚するはずです。ディズニーランドやディズニーシーのパーク内を赤ちゃんと一緒に散策し、素敵な場所で記念撮影♪
これだけでも非常に楽しめると思います。

赤ちゃんとの貴重な時間なのでゆっくりまったりとディズニーの世界を堪能してみてはいかがでしょうか?




【必須】ベビーセンターの場所
▲INDEX
ディズニーベビーセンター

ベイビーとのディズニーリゾートの楽しみ方から外れてしまいますが、赤ちゃんとディズニーに行く際は必ず『ベビーセンター』を抑えておいてください。
ベビーセンターでは下記のことができます。



・赤ちゃんの食事(授乳)
・おむつの交換
・子供用の広めのトイレ有

勿論、パパも利用することができます。積極的に利用することをオススメします。



ディズニーランド
ディズニーベビーセンター場所




ディズニーシー
ディズニーベビーセンター場所

アメリカンウォーターフロントのタワー・オブ・テラー左横のレストルームには授乳室があります。
※ お湯の提供や商品の販売などはありません。




便利アイテム「液体ミルク」
▲INDEX
液体粉ミルク

赤ちゃんとのディズニーは色々な持ち物があります。



・ベビーカー
・おむつ
・着替え
・抱っこ紐
etc

中でも私が赤ちゃん連れでディズニーに遊びに行ったときに、非常に助かったのが『液体ミルク』です。ディズニーリゾート内で授乳できる施設は、ディズニーランドが1箇所、ディズニーシーが2箇所と非常に少ないです。施設から離れた場所で赤ちゃんがお腹を空かせて泣いてしまったら、非常に困惑するはずです。


赤ちゃんがお腹を空かせてないてしまった時、液体ミルクなら「お湯いらず」「冷ます時間いらず」で赤ちゃんに授乳することができます。必要なのは座るスペースくらいです。


赤ちゃんとディズニーに行く際は必ず1本は常備しておくことをオススメします♪
ディズニー以外のシーンでも液体ミルクは重宝します。






最後に
▲INDEX

赤ちゃん連れでのディズニーは乗れるアトラクションも限られています。故にGWやハロウィンといった混雑期でも意外と楽しめたります。


筆者である私は赤ちゃんと3歳児を連れてGWの真っただ中にディズニーランドに遊びにいった経験がありますが、混雑している中でも大満足して帰宅できました。


乗れるアトラクションが限られているからこそ、普段できない楽しみ方ができるはずです。是非赤ちゃんとの素敵な思い出を作ってきてください♪



◆ディズニーリゾート情報はコチラから◆



    
     ----------sponsored link----------     

ad-PC

  
↓↓ハピタスでお小遣い稼ぎしてますか?↓↓

 - ディズニー, 東京