怒リーマー×怒リーマン

【ディズニー再開】新型コロナウィルス対策とパークでの注意点【ユニバ】

ディズニーコロナウィルス

東京ディズニーランド、ディズニーシー、ユニバーサルスタジオジャパンに行きたいけど…新型コロナ肺炎が怖い。


この記事はどうしてもパークに遊びに行きたいという方向けに『予防対策』と『注意点』を書きます。新型ウィルスの猛威が収まるまで旅行を見送るのが最善策だということを念頭にお読みください。


▼INDEX(タップでジャンプ)
ディズニーの新型肺炎対策
新型コロナウィルスの感染経路
【対策】飛沫感染防止のための不織布マスク
【対策】接触感染防止のための除菌アイテム
【注意点】食べ歩きは絶対にしない
【注意点】食事の前は必ずうがい
【注意点】子供の動きには細心の注意
最後に


ディズニーの新型肺炎対策
▲INDEX
ディズニーコロナウィルス

東京ディズニーリゾートでは2020/7/1から新型コロナウィルスによる休園から再開します。
再開後のディズニーリゾートでは下記の対策が行われます。



・入場人数の制限
・清掃、消毒の強化
・ソーシャルディスタンスと十分に換気された空気環境を確保
・入場時の検温(37.5度以上は入場を遠慮)
・マスク着用
・キャッシュレス決済の推奨


コロナ初期と比較しても、かなり徹底した状態でパークを再開することが分かります。



クラスターが発生しないように努めてくれていますが…ディズニーやユニバに遊びに行くのであれば、個々の準備細心の注意が必要となります。




新型コロナウィルスの感染経路
▲INDEX
ディズニー混雑

ディズニーやUSJでコロナウィルスに感染する場合、下記の感染経路が考えられます。



・人混みでの飛沫感染(行列やパレード鑑賞など)
・手すりやテーブルからの接触感染
・食べ歩きなどの飲食による経口感染


上記をみるとディズニーやUSJでは何をしても感染するのではないか…このように見えてきます。
感染を100%回避することは不可能ですが、上記要因からの感染率を下げる対策や注意点をこれから説明していきます。



【対策】飛沫感染防止のための不織布マスク
▲INDEX
コロナウィルスにマスク

はじめに注意しておきますが、マスクをしてもコロナウィルスを完全に遮断することはできません。しかし一般販売されている不織布製マスクでも予防効果は大いにあります。


マスクは咳やくしゃみによる飛沫感染から身を守る効果が非常に高いです。人混みだと全方位から身を守らなければいけないため、マスクは必須アイテムといえます。


コロナウィルス対策にオススメの高性能マスクは『ハイラックNeo』です。値段は他のものより一回り高価ですが…密閉度が高く、漏れ率は驚異の1.03%!
※ 一般的なマスクの漏れ率は60~80%といわれています。


人口密度が高いパーク内では、多少高価でも普段使ってるものよりも優れたものを着用することを推奨します。




【対策】接触感染防止のための除菌アイテム
▲INDEX
手ピカジェル

「飛沫感染」の次に気を付けなくてはいけないのが、「接触感染」です。「接触感染」とは…ウィルスがついたものに触れると、ウィルスが手に付着し、その手で口や鼻を触ったり食事をするとウィルスが体内に侵入するという感染ルートになります。


「接触感染」が発生しやすいケースは、ずばり『食事』です。
食事の前にきれいに手を除菌することがコロナウィルス予防となります。


手を除菌するオススメのアイテムは『手ピカジェル』です。
手ピカジェルはコンパクトな携帯用か使い切りタイプの「手ピカジェルプチ」がオススメです。




テーブル等を除菌するオススメのアイテムは『パストリーゼ77』です。
パストリーゼは携帯用ボトルに詰め替えて携帯するのがオススメです。






【注意点】食べ歩きは絶対にしない
▲INDEX
ディズニーポップコーン

ディズニーやユニバの醍醐味の一つが「ポップコーン」「チュロス」の『食べ歩き』ですが…新型肺炎やインフルエンザの流行が収まるまでは控えましょう。


人混みの中で「ポップコーンバケット」や「チュロス」はウィルスまみれになることが懸念され、ウィルスを直接体内に取り込んでしまう危険性が非常に高いからです。
いくら手ピカジェルなどの除菌アイテムにて食べる直前に手をきれいにしたとしても、口に入れる瞬間に周りの誰かが咳やくしゃみをしたら全てが台無しです。


水分補給を除いて、マスクは極力外さないようにしましょう。水分補給も人混みを離れてするのがベストです。




【注意点】食事の前は必ずうがい
▲INDEX
うがい

昼食や夕食をパーク内で食べる際は、食事の前に必ず『口うがい』『喉うがい』をしましょう。
ちなみに『口うがい』と『喉うがい』の違いは…



口うがい:口に水を含んで口内をゆすぐ
喉うがい:上を向いてガラガラと音を立てて喉の奥を洗う


うがいはパークのトイレで行いますが、水は自分用の専用ペットボトルを使用することを推奨します。不特定多数の人間が利用する水場はウィルスの温床であるため、蛇口からでる水でうがいをすることはやめましょう。


また石鹸による手洗い後、食事の直前に再度手ピカジェル等で除菌を必ず行いましょう。




【注意点】子供の動きには細心の注意
▲INDEX
vlad-and-nikita

子供はマスクを嫌がって外してしまったり、あちこちベタベタ触った後に指を咥えたりと…そもそもの免疫力が大人に比べて低いのもあいまって非常に感染の危険があります。


指しゃぶりが癖になっている子には手袋を装着させて指しゃぶりをやめさせたりといった工夫が必要です。くれぐれもお子様と一緒にパークにいく場合は目を離さないようにしてください。




最後に
▲INDEX

新型コロナウィルスにはまだまだわかっていないことが多く、今後の情報によっては今回説明した以上の注意や警戒が必要になってくる可能性があります。


パークに遊びに行く日を改めるといった対応も視野にいれてみてください。






◆免疫力アップで生き残る!◆



◆パークに行くならコロナ対策は必須!!◆


◆最新 熱中症対策グッズ◆


◆ペアチケットが無料になる裏ワザ◆




◆ディズニーリゾート情報はコチラから◆


    
     ----------sponsored link----------     

ad-PC

  
↓↓ハピタスでお小遣い稼ぎしてますか?↓↓

 - ディズニー, 東京