怒リーマー×怒リーマン

【初めての方】ディズニーの混雑に対する準備&心得!効率よく楽しむ

ディズニーリゾート

東京ディズニーランドもしくはディズニーシーに初めて行く方は混雑に対する知識や準備が甘く、右往左往して1日が終わってしまうということがあります。
この記事ではディズニー初心者の方を対象にした準備マニュアルを書いていきます。


混雑時でも素敵な一日を過ごせるように事前に準備しましょう♪


▼INDEX(タップでジャンプ)
来園前の準備
閑散期と繁忙期を知ろう
事前にチケット購入
必ずスニーカーで!
アプリをダウンロード
宿泊ホテルを予約
レストランを予約
目的を明確に
季節ごとの対策を忘れずに
パークでの注意点
開園前には必ず到着しておく
手荷物は軽量化
スタンバイパスは最優先
昼食はピークを外す
お土産は昼に購入
トイレは早めに
ショーの抽選を忘れずに
シングルライダーを活用する
おまけ


閑散期と繁忙期を知ろう

▲INDEX
ディズニー混雑

東京ディズニーリゾートには『閑散期(空いてる)』と『繁忙期(混雑している)』が存在します。
繁忙期は難易度が非常に高いため、ディズニーに初めて行く方は閑散期に遊びにいくことをオススメします。


閑散期と繁忙期については下記のリンクにて詳しく説明しています。



◆閑散期と繁忙期◆




事前にチケット購入

▲INDEX
ディズニーチケット

東京ディズニーランド、東京ディズニーシーのパークチケットは当日に現地購入することができます。
ただ現地のチケット購入所は混んでいたり、場合によっては入場制限によってパークに入れない可能性もあります。


パークについてから無駄な時間を過ごさないために、また入場制限がかかってもパークインするために、必ず事前に日付指定のパークチケットを購入しておきましょう。
日付指定されてないオープンチケットは入場制限時にパークインできないため注意が必要です。


また2日連続で東京ディズニーリゾートを楽しむ場合などは「2デーパスポート」「3デーマジックパスポート」を購入することをオススメします。
「1デーパスポート」を2回買うよりもお得です♪


チケット購入は下記の公式サイトより
公式サイトへ


◆使用済みチケットの販売に注意!◆



必ずスニーカーで!

▲INDEX
スニーカー

ディズニーパーク内ではとにかく歩きます!!
東京ディズニーランドの敷地面積は約51ha(東京ドーム約11個分)、東京ディズニーシーは約49ha(東京ドーム約10個分)と非常に広いです。


立ち仕事をしてる方でも終盤は疲れてしまいます。
男性も女性もスニーカーを履いていくことをオススメします!!


彼氏の前だから…っとヒールを履いていきたい女性
夏だから…っとサンダルを履いていこうとしてる男性



靴擦れなどが発生するとせっかくの一日が潰れてしまうので、履き慣れたスニーカーで行くことにしましょう。



◆疲労対策&疲労回復グッズはコチラから◆


◆ディズニーの雨対策はコチラから◆




パークで使用するアプリをダウンロード

▲INDEX
ディズニーアプリ

パークに来園する前にスマートフォンに必ずインストールしておくべきアプリはたった一つです。
それは『東京ディズニーリゾート®・アプリ』だけです。


このアプリは東京ディズニーリゾートの公式アプリとなっており、一つのアプリで下記のことが可能です。



・スタンバイパスの取得
・ディズニープレミアアクセスの購入
・リアルタイムのアトラクション待ち時間確認(スタンバイパスの発券時刻も)
・ショーの抽選(パーク内にいる時のみ抽選できる)
・チケット購入
・ディズニーホテル予約
・レストランの受付
・ショッピング
・ビビディバビディブティック、ガイドツアーの申し込み


このアプリ一つで事前準備やパーク内で調べ物ができてしまいます。
必ず出発前にインストールしておきましょう♪

◆公式アプリの使い方はコチラから◆




宿泊ホテルを予約

▲INDEX
ミラコスタ

パークで遊んだ後は非常に疲れているため、そこからホテルを探すのは不可能です。
日帰りではない場合は、ホテルを予約しておきましょう。東京の電車にあまり慣れていない人は、パークから歩いて行ける「ディズニーホテル」、バスが出ている「ディズニーオフィシャルホテル」「ディズニーパートナーホテル」をオススメします。



【ディズニーホテル】
ディズニーアンバサダーホテル
東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ
東京ディズニーランドホテル
東京ディズニーセレブレーションホテル
トイストーリーホテル

【ディズニーオフィシャルホテル】
サンルートプラザ東京
シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル
東京ベイ舞浜ホテル
東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾート
ヒルトン東京ベイ
ホテルオークラ東京ベイ

【ディズニーパートナーホテル】
浦安ブライトンホテル東京ベイ
ホテルエミオン東京ベイ
三井ガーデンホテルプラナ東京ベイ
オリエンタルホテル東京ベイ


ざっくり上記3タイプを説明します。


値段:ディズニーホテル>オフィシャルホテル>パートナーホテル
パークからの距離:(近)ディズニーホテル>オフィシャルホテル>パートナーホテル(遠)



パートナーホテルはバスで20分~30分かかりますが、パークからシャトルバスが出ているため、あまり移動は苦ではありません。ホテルからパークへも勿論シャトルバスがでています。
どのホテルも共通してる店はパーク内のグッズやお土産を購入することができる点です。
買い忘れやパークで購入する時間がなかった場合は非常に助かります。


ディズニーホテルには『ハッピー15エントリー』という特典があります。これは開園15分前に一般ゲストより早くパークインすることができるという素晴らしい特典です(ディズニーパークにおける朝の15分は後の60分以上の価値があります)。
次の日もパークで遊ぶという場合はかなりのメリットになります。


ディズニーホテルは基本的に高級ホテルに部類され、宿泊費用は非常に高額です。ただ「ディズニーセレブレーションホテル」だけはパークから30分の場所にあるため、他の3ホテルに比べてお安く宿泊することができるためオススメです♪






また飛行機を利用してディズニーリゾートに遊びに来る方にオススメなのが「JALパック」を利用することです。
JALパックを利用した場合の特典を下記に列挙します。



・羽田空港からTDRまでの往復無料送迎バス
・コインケース付きパスケースプレゼント
・フォレストシアターの鑑賞券
・ビッグバンドビートの鑑賞券
・貸切ディズニーのチケット


上記を追加料金なしの特典として利用することができます!
特に破格なのが「フォレストシアターの鑑賞券」「ビッグバンドビートの鑑賞券」です。この二つのショーは抽選対象のショーであるため、当選するかバケーションパッケージという高額オプションを購入しなければ鑑賞することができません。
この大人気ショーを事前予約できて、確実に鑑賞できるというのは破格の特典と言えます。


他にもなかなか当選しない貸切チケットを追加料金なしでGETできたり、予約難易度が高いシェフミッキーを利用できるプランがあったりと…飛行機を利用する方は確実に利用するべきなのが『JALパック』なのです。
※特典の内容は時期によって変更となります。現在の特典は下記のリンクよりご確認ください。



◆JALパックはコチラから◆




レストランを予約

▲INDEX
ディズニーレストラン

ディズニーパーク内には4タイプの食事方法があります。


・レストラン(席に食事が運ばれてくる一般的なレストラン、ビュッフェタイプも)
・レストラン(席を自分で確保して、食事を受取窓口からもらうフードコートタイプ)
・ワゴン(ポップコーンや軽食など)
・持ち込み(弁当など※)



席に食事が運ばれてくるタイプ、もしくはビュッフェタイプのレストランで食事をしたい場合は、パーク来園前に必ず『事前予約システム:プライオリティ・シーティング』を利用しておきましょう!
当日受付も可能ですが、公式サイトへは非常につながりにくいです。なので事前に予約して来園することをオススメします。


またディズニーパーク内は持ち込んだ食事(弁当など)をパーク内で食べることを禁止しています。パークを少しでたところに専用のランチスペース(屋外)が用意されているので、そちらで食事をとりましょう。
ショーを待っている時にピクニックシート上でお弁当を食べるというのはマナー違反なので注意してください。

◆レストランの予約はコチラから◆




目的を明確に

▲INDEX
ディズニーアトラクション

初めての方が混雑時のディズニーリゾートに突入すると、時間配分がわからずに達成したかったことを果たせず一日が終わってしまうということをよく聞きます。
なので必ず達成したいことを事前に絞っておくことをオススメします。


・必ず乗りたいアトラクション(3つ)
・絶対に観たいショー(1つ)
・絶対に会いたいキャラクター



あれもこれも楽しみたいというのは、混雑した状況下では上級者でも難易度が高いです。
上級者は時間配分やその後のパーク内予想から、臨機応変に立ち回ることができますが初めての方はそうもいきません。


絶対に楽しみたいことを決めて、まずはそれを達成することに注力しましょう♪


◆パレード攻略はコチラから◆




季節ごとの対策を忘れずに

▲INDEX
しろくまのきもち

夏のディズニーも冬のディズニーも非常に過酷な環境となっています。
ちゃんと準備をして臨まないとパークを楽しむことができなくなってしまいます。


下記の記事で『暑さ対策グッズ』『寒さ対策グッズ』を紹介しています。



◆季節毎の対策グッズはコチラから◆




開園前には必ず到着しておく

▲INDEX
ディズニー入場口

混雑するであろう日にディズニーリゾートに来園する方は、可能であれば開園前にはパークに来ましょう!
できれば開園の1~2時間前に到着し、開園待ちをできるとベストです。


ディズニーパークでの朝は、スタンバイパスを取得するにしろ、アトラクションをスタンバイで乗るにしろ…圧倒的に待ち時間が少ないです!混雑時の動きで一番大切なのは「朝の動き方」といっても過言ではありません。


ディズニーホテル宿泊者特典である「ハッピー15エントリー」利用の方も、余裕をもって入場口に着くようにしましょう。ハッピー15エントリー待機列も日によっては長蛇の列となり、場合によっては一般ゲストよりも後にパークインということもあり得ます。


◆開園待ち攻略はコチラから◆


◆パーキング攻略はコチラから◆




手荷物は軽量化

▲INDEX

パーク内では基本的に立ちっぱなし、歩きっぱなしとなるため、手荷物は限りなく少なくしましょう!
ディズニーランドもディズニーシーもコインロッカーがあるため、頻繁に使用しないものはそちらにおいておきましょう。
もちろん無料ではないためロッカーの開け閉めにはお金がかかりますが、最後までパークをエンジョイするための費用だと割り切りましょう。


特に女性の方や小さなお子様連れの方は手荷物の軽量化を推奨します!!




スタンバイパスは最優先

▲INDEX
ファストパス

パークに入場したら、何よりも優先しなくてはいけないのが『スタンバイパスの取得』です。
必ず知っておくべきスタンバイパスのルールを下記に書きます。


・チケット1枚に対して、スタンバイパス1枚発行
・公式アプリからオンライン取得可能
・次のスタンバイパス発行が可能となる時刻はアプリで確認
・スタンバイパスは数に限りがある(発券終了もある)
・スタンバイパス対象アトラクションは決まっている




◆スタンバイパス攻略はコチラ◆




昼食はピークを外す

▲INDEX
ディズニーカレー

準備編でレストランの事前予約を推奨しました。レストランを予約した方や弁当などを持参する方には関係ありませんが、フードコートタイプのレストランで昼食を考えている方は注意が必要です。


パーク内には数多くのセルフタイプレストランが存在しますが、どこも11:30~13:30はめちゃくちゃ混みます!ピザを買うのに1時間待ち、買っても席が空いていないというのはよくある話です。
なのでセルフタイプレストランをご利用予定の方はランチピークをずらすことをオススメします。



・朝食をがっつり食べて昼食はワゴンタイプ(ポップコーンやチキン等)で簡単に済ます。
・朝食を抜いて10:30~11:00に早めの昼食を食べる。


私は上記のどちらかで昼食のピークをずらすことが多いです。
昼食のピーク時はアトラクションの並びも緩くなるため、その大チャンスを生かすためにピーク時を避けましょう♪

◆コスパのいいレストランはコチラから◆




お土産は昼に購入

▲INDEX
お土産

「お土産は遊び終わってから(夕方~夜)」


パーク内にいる95%の方は、このように考えています。
つまり夕方から夜にかけては、お土産を売っているショップはめちゃくちゃ混みます。


・人が多すぎてお土産をゆっくり見れない
・レジに人が並びすぎ



パークを遊び終わって疲れた体にムチを打たなければ、お土産を購入できなくなってしまいます。
なのでお昼のうちにお土産を購入してロッカーに預けておきましょう♪


お昼の時間はお土産ショップも非常に空いているため、快適に選ぶことができます。
あまりお土産にこだわりがない方は、パークの入場口付近に小さなお土産ショップやディズニーオフィシャルホテルにて購入してもよいでしょう。




トイレは早めに

▲INDEX
ディズニートイレ

男性はあまり関係ないのですが、混雑時の女子トイレは列ができます。
なので女性や子供は早め早めにトイレにいくようにしましょう!




ショーの抽選を忘れずに

▲INDEX
ディズニーショー抽選アプリ

準備編で紹介した必ずインストールするべきアプリ『東京ディズニーリゾート公式アプリ』には、ショーの抽選をする機能があります。


無料で抽選することができ、当選した場合は並ぶことなくショーを観ることができます。
中々当たらないですが、とりあえず抽選しておくことをオススメします。
ショーを見に行くか行かないかは後で決めればよいので。笑




シングルライダーを活用する

▲INDEX
シングルライダー

シングルライダーとは乗り物にできてしまう空席を有効活用するためのシステムです。
シングルライダーを利用できるアトラクションは限られているので注意が必要です。


【東京ディズニーランド】
スプラッシュマウンテン
ビッグサンダー・マウンテン

【東京ディズニーシー】
インディジョーンズアドベンチャー:クリスタルスカルの迷宮
レイジングスピリッツ


上記のアトラクションのみシングルライダーを利用することができます。
シングルライダーはファストパスと同等程度の待ち時間で人気アトラクションに乗ることができるため、使い方次第で効率的にアトラクションをこなせます。



・家族の休憩時間にさくっとスリルライドに乗りたい
・スケジュールが押してるので、グループがバラバラでもいいから乗りたい


使う予定はなかったとしても、シングルライダーの存在は頭の片隅においておきましょう。




おまけ

▲INDEX

東京ディズニーリゾートでは大切な記念日に来園したことをキャストに伝えると特別なシールをもらうことができます。


・お誕生日シール
・パークデビューシール
・ファーストライドシール


どちらも無料で貰えることができるので、旅の記念に貰うのもいいかもです♪
ちなみに誕生日の確認はないので、自己申告で問題ありません。

◆記念シールはコチラから◆




宿泊ホテル予約

ホテルの予約をしたいという方は、最大10%のPayPayポイントを還元してもらえる『Yahoo!トラベル』がオススメです。
Yahoo!トラベルでお得にホテル予約



また使える店舗が多い楽天ポイントが欲しいという方は『楽天トラベル』でホテル予約をしましょう。
楽天トラベルでお得にホテル予約




◆2023年 最新の防寒グッズ◆


◆持っていくと便利なもの17選◆


◆ディズニー情報はコチラから◆

    
     ----------sponsored link----------     

ad-PC

  

 - ディズニー, 東京