怒リーマー×怒リーマン

【ディズニー】インフルエンザ対策・予防グッズを紹介【ユニバ】

冬のディズニー

東京ディズニーランド、ディズニーシー、ユニバーサルスタジオジャパンは大勢の方が遊びに来るため、中にはインフルエンザウィルスを持っている方もいます。この記事では人混みでインフルエンザに感染しないための予防アイテムをご紹介します。


▼INDEX(タップでジャンプ)
冬のパークはインフルエンザの温床
【対策】飛沫感染防止のための不織布マスク
【対策】接触感染防止のための除菌アイテム
最後に


冬のパークはインフルエンザの温床
▲INDEX
ディズニークリスマス

冬のパークにも多くのゲストが来園します。その中にはインフルエンザは発症していないものの…すでに感染してるという方は必ずいます。
つまり予防策なしで来園した場合、免疫力が弱っているとインフルエンザに感染する恐れが高まります。


パークでのインフルエンザ感染は、人混みの中で他人の咳やくしゃみで「飛沫感染」、インフルエンザ感染者が触れた手すりやテーブルを触ることで「接触感染」がメインです。


人混みの中にいる時間が長く、飲食する機会が多いディズニーやUSJはインフルエンザに感染しやすい環境と言えます。



【対策】飛沫感染防止のための不織布マスク
▲INDEX
インフルエンザにマスク

はじめに注意しておきますが、マスクをしてもインフルエンザウィルスを完全に遮断することはできません。しかし一般販売されている不織布製マスクでも予防効果は大いにあります。
マスクがインフルエンザの予防になる理由は下記になります。



・飛沫感染防止
・喉の保湿


マスクは咳やくしゃみによる飛沫感染から身を守る効果が非常に高いです。人混みだと全方位から身を守らなければいけないため、マスクは必須アイテムといえます。
またインフルエンザウイルスは低湿度(乾燥)を好むため、マスクをすることで喉が保湿されることは予防につながります。


インフルエンザ対策にオススメの不織布マスクは『快適ガードさわやかマスク』がおすすめです。コストパフォーマンスに優れている点に加えて、付け心地が良いところが魅力のプリーツマスクです。




【対策】接触感染防止のための除菌アイテム
▲INDEX
手ピカジェル

「飛沫感染」の次に気を付けなくてはいけないのが、「接触感染」です。「接触感染」とは…ウィルスがついたものに触れると、ウィルスが手に付着し、その手で口や鼻を触ったり食事をするとウィルスが体内に侵入するという感染ルートになります。


「接触感染」が発生しやすいケースは、ずばり『食事』です。
食事の前にきれいに手を除菌することがインフルエンザ予防となります。


手を除菌するオススメのアイテムは『手ピカジェル』です。
手ピカジェルはコンパクトな携帯用か使い切りタイプの「手ピカジェルプチ」がオススメです。





テーブル等を除菌するオススメのアイテムは『パストリーゼ77』です。
パストリーゼは携帯用ボトルに詰め替えて携帯するのがオススメです。







最後に
▲INDEX

結局「マスク」をして、「手洗い」「うがい」をしっかりするという古典的な対策が一番効果があります。
パーク内はインフルエンザだけでなく、風邪をひいている方も大勢いるため、インフルエンザの予防接種を受けている方も上記の対策はしておくことをオススメします。


また冬のパークは非常に寒いので防寒グッズを揃えて、身体を冷やさないように心がけましょう。




◆Gotoはチケット付プランも割引に!◆


◆最新 熱中症対策グッズ◆


◆ペアチケットが無料になる裏ワザ◆




◆ディズニーリゾート情報はコチラから◆


    
     ----------sponsored link----------     

ad-PC

  
↓↓ハピタスでお小遣い稼ぎしてますか?↓↓

 - ディズニー, 東京