19時からのスロリーマン予備校

ホールにメリットなし!パチンコ・パチスロファン感謝デーという名の回収日

明日(11/18)から三日間開催される「第26回 パチンコ・パチスロファン感謝デー」とは出るイベントなのでしょうか?
今回は業界関係者の情報を元に私なりの考察をしていきたいと思います。


パチンコ・パチスロファン感謝デーとは?

全国で毎年11月中旬に3日間にわたって開催される全日遊連が主催のイベント。イベント内容は遊技中の客にクジを配布して景品が当たるというもの。

※全日遊連とは身近で手軽な大衆娯楽を目指し、不正行為の撲滅活動してるパチンコホールの全国組織。パチンコパチスロは適度に楽しみましょうというポスターも全日遊連が作成している。



パチンコ・パチスロファン感謝デーの実態

ファン感謝デーの実態は、ホールが全日遊連から景品を購入し、その景品をユーザーに還元するというもの。

【私の推測】
ようするにファン感謝デーというのは名ばかりで、(大量購入で安価に仕入れた)景品をほぼ定価でホールに買わせるという全日遊連の中抜きビジネスではないのだろうか。



パチンコ・パチスロファン感謝デーは回収日

イベントを開催した時点で何万円ものビハインドをホールは背負ってるわけです。釘を開けたり、設定を入れたりできるわけもなく平常運転が基本となる(つまり回収日)。



ホールのメリットは?

ホールで働く友人に質問を投げかけてみました。
メリットとしては抽選時間を稼働が下がる時間帯に設定することで、客足を30分程度拘束することできるとのことでした。その分が売り上げとなるわけです。
売り上げは景品を仕入れる額を上回るのかというと微妙らしく、イベントだからと客に還元するような力は出せないとのことです。

ようするにファン感謝デーをやってもやらなくても変わらないということになりますね。



総括

イベントという名の回収日であることは間違いないでしょう。間違っても設定狙いなどをしてはいけません。
私はファン感謝デーは一切行かない予定なのですが、いつも通りハイエナをしていれば間違いないでしょう。ホールの稼働率も少なからず上がるはずなのでお宝台にありつけるチャンスは大いにあると思います。
抽選を受けるためだけにジャグラーに座るような行為は絶対にやめましょう。それは期待値マイナスの行為です。笑


引用元
パチンコ・パチスロファン感謝デーの裏話(パチンコ店長のホール攻略)
「ファン感謝デー」パチンコ、パチスロの出玉は期待できるのか?(元店長からパチプロになった男!)

 - スロ時事ネタ