怒リーマー×怒リーマン

【Fire TV Stick】第1世代と最新型(4k)を徹底比較!スペック、使用感

Fire-TV-Stick(第1世代)

私は長いこと『Fire TV Stick』の初代を愛用していましたが、あることをキッカケに買い替えを決意しました。そのキッカケは動画コンテンツサービス「ディズニーデラックス」がFire TV Stick(第一世代)が非対応だったためです。


ディズニーデラックスだけでなく動画コンテンツによっては第一世代が対応していないものも増えてきています。第一世代もまだまだ現役で利用できるので、買い替えのタイミングが難しいかと思います。
この記事ではFire TV Stickの旧世代と最新型を徹底比較しますので、買い替えの参考になれば幸いです。


筆者の使用感としては間違いなく「買い」です!!


▼INDEX(タップでジャンプ)
最新4kモデルの新機能
第一世代と最新4kモデルのスペック比較
第一世代と最新4kモデルの使用感比較
最後に


最新4kモデルの新機能
▲INDEX
FireTVStick4k

FireTVStickの第一世代には機能として存在しなかった「音声認識検索機能」最新モデルの『Fire TV Stick 4Kモデル』にはついています。


この音声検索機能がYOUTUBEなどで動画検索する際に大活躍します!
第一世代では動画の検索をするときにリモコンでパチパチと一文字づつ選択する必要があったはずです。最新モデルではリモコンに向かって、話しかけるだけで検索文字列を入力することができます。


4歳になる息子もこの音声認識機能を使いこなし始め、今では自分で「ひまわりちゃんねるぅー」とリモコンに話しかけています。笑



第一世代と最新4kモデルのスペック比較
▲INDEX
最新旧型
価格¥6,980¥3,980
メモリ1.5G1GB
解像度最大4K UltraHD最大1080p
オーディオDolby AtmosDolby Audio
リモコン音声認識検索
音量調節


スペック比較表だけをみてもピンとこない方のために、簡単に新型4kモデルの特徴を伝えますと…


「値段は高くなったけど、画質と音質がUPし、さらに賢くなっている。」




第一世代と最新4kモデルの使用感比較
▲INDEX
4k

最新4kモデルを実際に使用してみた私の使用感を下記に書いていきます。



・操作性が格段にアップ。サクサク動くように進化。
・セットアップが初代よりも簡単になっている。
・画質、音質ともにアップ。
・リモコンが格段に進化。音声認識検索が本当に楽。

第一世代から最新モデルの4kに交換して一番感動したのが『動きがサクサクになっている』という点です。
4kモデルを触ってから第一世代に触れてみるとその差は歴然です。第一世代は動きがカクカクしていて操作性が非常に悪いことに気付きます。リモコンを押してからワンテンポ遅れてカーソルが動く感覚は最新4kモデルにはありません。


また最新モデルを購入するのを躊躇していた理由に『初期設定が面倒くさい』というのがありましたが、最新4kモデルはセットアップが簡単になっていたため、想定していたよりも簡単に準備が終わった印象です。



最後に
▲INDEX

Fire TV Stickを最新4kモデルに世代交代した感想は…


「もっと早く世代交代すればよかった…」


それぐらい第一世代と比較すると各段にグレードアップしています。第一世代では鑑賞することができなかった『ディズニーデラックス』もテレビで鑑賞できるようになったため、大満足の買い物となりました。
購入を検討している方には自信をもってオススメできる商品です!!



    
     ----------sponsored link----------     

ad-PC

  
↓↓ハピタスでお小遣い稼ぎしてますか?↓↓

 - オススメのアイテム, 雑記