怒リーマー×怒リーマン

宮城県へ転職できない理由3選!県外からのIターンUターン就職は難しい

宮城県



宮城県へUターン、Iターン、Jターン転職をしたいが仕事がみつからない…
転職支援サービスに登録しても案件がなく、面談は延期を繰り返している…


東北地方への移住に向けた転職活動は中々うまくいきません。この記事では宮城県への転職が難しい理由について解説していきます。


▼INDEX(タップでジャンプ)
【理由①】大手転職サイトが使えない
【理由②】地域の合同転職説明会が少ない
【理由③】公務員試験は魔境
東北最大級の転職支援サービス


【理由①】大手転職サイトが使えない
▲INDEX
大手転職サービスはNG

県外に住みながら宮城県への転職を試みる場合、転職支援サービスに登録してみるという方が大半だと思われます。かつて私も都内から地方へ転職する際に「リクルートエージェント」という大手転職サイトに登録をしました。


しかし「リクルートエージェント」「リクナビNEXT」「ビズリーチ」「マイナビエージェント」…これらの超大手転職サイトに登録しても宮城県の転職案件はほとんどありません。
地方の中小や零細企業というのは地域のハローワークに求人を出すのがやっとで、大手転職サイトに登録できる体力はないからです。

実際、大手転職サービスに登録した私の経験ですが…



初回面談の日をエージェントの方と電話相談で決定

案件があまりにないため、面談が延期される

後日あまりに案件が見つからないため、隣県の仕事を電話で紹介される

申し訳なくなり、転職希望を取り下げる

エージェントの方に平謝りされる


上記の悲しい体験をしました。この時、地方へのIターン、Uターンの厳しさを改めて認識しました。



【理由②】地域の合同転職説明会が少ない
▲INDEX
合同説明会

宮城県での転職で最も可能性があるのが、地域ごとの合同転職説明会に参加することです。地域のハローワークなどが主催であるため中小企業から零細まで幅広く参加します。


この転職説明会で頑張るのが、地方へのUIJターンを成功させるポイントなのですが…1年に2~3回と開催回数が非常に少ないのが厳しいポイントです。地域の合同転職説明会の厳しい現状は下記になります。



・開催回数が少ない
・いい企業が参加しているかは運
・開催を察知するのが難しい


説明会の存在を察知するためには、定期的に市役所や地域のハローワークHPをみたりする必要があり、またいい求人があるかは運になります。
4~5年という長いスパンで転職活動を行わないと、待遇がいい企業にはなかなか巡り会えません。




【理由③】公務員試験は魔境
▲INDEX
公務員試験

年齢が採用条件を満たす場合、市役所職員や町役場職員を目指すというのも手ですが…地方の公務員採用試験は魔境となっています。


魔境となっている理由は地方でまともな収入を得るには公務員か銀行員になる必要があるからです。都心部に本社を構える大企業は地方ではほとんど採用しないため、都内から宮城県への一般企業への転職は年収が確実に下がることを覚悟する必要があります。


学生は有り余る時間で猛勉強して公務員試験を受けます。UIJターン組は日々の業務をこなしながら、学生以上に勉強をしないと受からないのが公務員試験です。
難易度の高さから社会人が公務員試験に挑戦することはオススメできません…。




東北最大級の転職支援サービス
▲INDEX
宮城転職

大手の転職サービスは役に立たない、地域の転職説明会をじっくり待つ時間はない、公務員試験を受ける時間も気力もない…そのような方は東北に特化した転職支援サービス『ヒューレックス』に無料登録し、リクルートコンサルタントのサポートを受けることをオススメします。

ヒューレックスは東北最大級ダントツの求人数を誇っており、仙台だけなく宮城県の求人も多数かかえています。下記のリンク先は宮城県に特化したヒューレックスの求人サイトとなっていますので、現在の宮城県の求人が気になる方は一度確認してみて下さい。


◆宮城での求人を確認◆

    
     ----------sponsored link----------     

ad-PC

  

 - なんでも, 雑記