怒リーマー×怒リーマン

ディズニー障害者はアトラクションに並ばなくていい!ディスアビリティアクセスサービス

ディズニーパレード

東京ディズニーランド、ディズニーシーでは障がい者手帳を持っている方はアトラクション列に並ぶ必要はありません。

このサービスを「ディスアビリティアクセスサービス(旧名ゲストアシスタンスカード)」といいます。この記事ではディスアビリティアクセスサービスの解説、ソアリンや美女と野獣も対象となっているかについて説明します。
※この記事では以後DASと略します。


▼INDEX(タップでジャンプ)
DASとは?
DASの発行条件
DASの登録場所
DASの利用方法
DASの対象アトラクション
最後に


DASとは?

▲INDEX
ディズニー車イス

DASとは待ち列に並ぶことができない障がいのある方が利用できるサービスです。
DASを利用するとアトラクション列に並ぶことなく、待ち時間を待ち列以外の場所(ベンチやレストランなど)で過ごすことができます。

発行には条件があるため、列に並ぶことが厳しい方全員が利用できるわけではありません。



DASの発行条件

▲INDEX
障害者手帳

DASの条件は『障がい者手帳』を持っている方に限られます。DASのサービスを受けることができる手帳は下記になります。



・身体障害者手帳
・精神障害者保健福祉手帳
・療育手帳(愛の手帳、緑の手帳)
・被爆者手帳
・戦場傷病者手帳
・障害福祉サービス受給者証


過去に存在したゲストアシスタンスカードでは、妊婦の方や怪我をしている方もDASと同様のサービスを受けることができました。ただ相次ぐ悪用によってサービスを受けることができる条件が厳しくなってしまいました。






DASの登録場所

▲INDEX

DASの登録は…東京ディズニーランドは「メインストリート・ハウス」、東京ディズニーシーは「ゲストリレーション」となっています。上記の施設で登録するのが一般的ですが、下記施設でも登録は可能です。



【東京ディズニーランド】
  →すべてのアトラクション
  →ウッドチャック・グリーティングトレイル
  →ミッキーの家とミート・ミッキー
  →ミニーのスタイルスタジオ
【東京ディズニーシー】
  →すべてのアトラクション
  →ヴィレッジ・グリーティングプレイス
  →“サルードス・アミーゴス !” グリーティングドック
  →ミッキー&フレンズ・グリーティングトレイル


登録する際は障害者手帳をもっているご本人とグループの方全員のパークチケットを提示する必要があります。




ディズニーランド:メインストリートハウス
メインストリートハウス
メインストリートハウス




ディズニーシー:ゲストリレーション
ゲストリレーション
ゲストリレーション




DASの利用方法

▲INDEX
ディスアビリティアクセスサービス



【DASの利用方法】
①対象施設のキャストにDASを利用したい旨を伝える
②予約時間まで好きな場所で待機※
③予約時間になったら、DAS予約を提示してアトラクションを利用する
④体験後は次のアトラクションのDAS利用が可能に

※待機中に別アトラクションを利用することはできません


アトラクションの場合は計6名(本人含む)まで利用できます。キャラクターグリーティング施設の場合は計10名(本人含む)まで利用できます。


上記を超えるグループ人数の場合は、キャストによって指示の内容が変わります。




DASの対象アトラクション

▲INDEX
美女と野獣大型アトラクション

DASは全てのアトラクションが対象となっています。ソアリンや美女と野獣もDASを利用することができます。




最後に

▲INDEX

障害手帳を持っている方は割引チケットを購入することができます。
下記の記事では「1デーパスポート(障がいのある方向け)」について詳しく解説しています。




◆最新の暑さ対策グッズ◆



◆ディズニーリゾートに関する情報はコチラから◆

    
     ----------sponsored link----------     

ad-PC

  

 - ディズニー, 東京