怒リーマー×怒リーマン

【ハッピー15】TDSはソアリンが対象に、TDLは全エリア開放に!

ハッピー15エントリー

ディズニーホテル(全4ホテル)に宿泊すると特典でハッピー15エントリー(アーリーエントリー)の権利を得ることができます。
ハッピー15エントリーとはパーク開園時間の15分前から対象エリアに入場できるという、東京ディズニーリゾートの朝攻略にはかかせない特典です。


ハッピー15エントリーは定期的に変更がありまして…ディズニーランドは全エリア開放、ディズニーシーは2019年7月23日によりソアリンが対象となりタワーオブテラーは対象から外れるという変更がありました。


こちらの記事ではハッピー15エントリーの基礎知識と、TDLとTDSでのハッピー15エントリー詳細、TDLとTDSのどちらが有用かについて書いていきます。


▼INDEX(タップでジャンプ)
ハッピー15エントリーの基礎知識
ディズニーランドのハッピー15エントリー
ディズニーシーのハッピー15エントリー
ランドとシーどっちがオススメ?
最後に


ハッピー15エントリーの基礎知識
▲INDEX
ミラコスタ

ハッピー15エントリーとはディズニーホテル(全4ホテル)に宿泊する特典です。
パーク開園時間の15分前から対象エリアに入場でき、対象アトラクションのライドとファストパスの取得、対象ショップなどを利用できます。

対象のホテル

ハッピー15エントリー対象のディズニ―ホテルは下記の4つになります。


・ディズニーアンバサダーホテル
・東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ
・東京ディズニーランドホテル
・東京ディズニーセレブレーションホテル

ハッピー15エントリーを利用できる日はホテルによって違います。


ホテル名チェックイン日連泊中チェックアウト日
ランドホテル×
アンバサダーホテル
ミラコスタ
セレブレーションホテル×

※ ディズニーアンバサダーホテル、ホテルミラコスタは東京ディズニーシーに限りチェックイン日も対象。


ハッピー15エントリーで15分前にパークインするにはチェックイン時にホテルで貰える『通行証』が必要です。もちろん一人に対して一枚必要です。


ちなみに上記4つのホテルで圧倒的に格安で宿泊できるのが『東京ディズニーセレブレーションホテル』です。パークから専用バスで約20分という立地の悪さもありますが、一泊の価格はパートナーホテルと同等程度です。
ハッピー15エントリーを利用してみたいけど、寝るだけのホテルに高額はちょっと…という方はセレブレーションホテルをオススメします♪



対象エリア・対象アトラクション

ハッピー15エントリーを利用して入場できるエリアは限られています。全エリア開放となった東京ディズニーランドもいきなりすべてのエリアに踏み入れるわけではありません。
また対象のアトラクションも決まっており、それ以外のアトラクションはファストパス発券もライド開始も開園時間からです。(待機は可能)
こちらについては下記で詳しく説明します。



ハッピー15エントリーも並ぶ

「ハッピー15エントリーだから15分前にいけばいいんでしょ?」


混雑する時期だとハッピー15エントリー列最後尾の方より一般入場の最前列の方のほうが早く入場できる場合もあります!!
一般入場最前列の方は数時間並ぶという荒行をしているとはいえ…少し腑に落ちませんよね。
もちろんファストパス取得やアトラクションのライドもハッピーエントリー15で最初に入った人が優遇されます。なので時期によって変わりますが開園前の1時間前~30分前には列に並ぶことを推奨します。


ちなみにハッピー15エントリーの有資格者は全ホテル満室満員だと仮定するとざっと…1万人が対象となります!!
ただ二つのパークに分かれるのと、朝食をゆっくり取る人やアーリーエントリーを利用しない人もいますので。笑





ディズニーランドのハッピー15エントリー
▲INDEX
対象エリア
ハッピー15_ディズニーランド

青色エリアはハッピー15エントリーで入場できる対象エリアではありません!!
ディズニーランドは現在改装中で朝の混雑をさけるために、開園30分前にハッピー15エントリーの方も一般入場の方も上記の青エリアまでいくことができます。
ハッピー15エントリーの方は15分前から上記の青☆印(2か所)から『全エリア』に移動することができるようになります。
全エリアにいけますが、ハッピー15の入場はファンタジーランドからのみとなっています。


キャストの方が大きな声で「ハッピー15エントリー方は~」と声をかけているので、上記図の手前の青☆印(下)に人は集中しやすいです。モンスターズインク狙いとかでなければ奥の青☆印(上)からエントリーすることをオススメします。



対象アトラクション

ディズニーランドの対象アトラクションは『バズ・ライトイヤーのアストロブロスター』のみです。
バズ・ライトイヤーのアストロブロスターが運休の場合は、『モンスターズ・インク・ライド&ゴーシーク!』が対象アトラクションとなります。




ディズニーシーのハッピー15エントリー
▲INDEX
対象エリア

ディズニーシーの対象エリアは「メディテレーニアンハーバーおよびアメリカンウォーターフロントの一部エリア」となっているため、センターオブジアースやインディージョーンズを優先したい方は開園時間まで足止めをされてしまいます。目的のアトラクションがある方は限られたエリアの中で、最もそのアトラクションに近い場所まで移動しましょう。



対象アトラクション
ソアリン_ディズニーシー

ディズニーシーの対象アトラクションは、2019年7月22日までは『トイストーリマニア』『タワーオブテラー』です。2019年7月23日以降は『トイストーリマニア』『ソアリン:ファンタスティックフライト』となり『タワーオブテラー』は対象外となります。

ソアリンマップ_ディズニーシー

ソアリンの場所はトイストーリーマニアの真逆となりますので注意してください。
ちなみにソアリンはほとんどの海外ディズニーパークには導入されている大人気アトラクションです。現在のディズニーシーはトイストーリーマニアの一強ですが、ソアリンが勢力図を大きく変える可能性も…。





ランドとシーどっちがオススメ?
▲INDEX
ランドとシーどっち

ハッピー15エントリーできる日が1日だけの場合、ディズニーランドとディズニーシーのどっちがオススメなのか?


ランドが全エリア開放になる前はシーの圧勝でした。トイストーリーマニアとタワーオブテラーはディズニシーのNo1、No2人気アトラクションですが、バズライトイヤ―はファストパスも最後のほうまで残ってるアトラクションですので…。
全エリア開放になったことで、プーさんのハニーハントやスプラッシュマウンテンの人気アトラクションに対して一般入場客よりも大きなアドバンテージを得ることに成功しました。


ここまでなら「ランド=シー」で2パークに分散されてハッピー♪だったのです。
ただ新アトラクションである「ソアリン」が登場した後は、圧倒的にディズニーシーのほうが価値がでてきます。トイストーリーマニアとソアリンを両方制覇するためにはハッピー15エントリーは必須クラスだと予想します。


よって2019年7月22日までは好きなパークで、それ以降はディズニーシー一択!!


最後に
▲INDEX

ハッピー15エントリーについて理解を深めることができたでしょうか?
ディズニーランドの仕様が現在は少し理解しづらかったかと思います。簡単にまとめますと…


・セレブレーションホテルは他より圧倒的に安い!遠いけど…
・ランドは奥からエントリーする!
・ソアリンができたらディズニーシー一択!


ディズニーリゾートでの朝の15分は天と地を分ける15分です。あたふたして何もできずに終わってしまった…そんなことの内容にしっかり予習しておきましょう♪






    
     ----------sponsored link----------     

ad-PC

  
↓↓ハピタスでお小遣い稼ぎしてますか?↓↓

 - ディズニー, 東京